本文へ移動

施設概要

名称
報恩母の家
設立
大正12年1月8日
設置主体
社会福祉法人 日本傷痍者更生会
同法人施設
身体障がい者授産施設「希望舎」
介護老人福祉施設「恵の家」
いこいの里デイサービスセンター
ふれ愛の郷
(高齢者ショートステイ、デイサービス、障害者就労支援パン工房、喫茶店、障がい学童保育・通園)
更生会にじの郷
ひよこ保育園
自立援助ホーム「びわの木」 
定員数
80名
職員数
施設長      1名   
副施設長     1名   
事務員      1名
管理栄養士    1名   
調理員等     9名(内パート4名)
指導員・保育士 34名(内パート5名)  
心理士      7名
嘱託医      1名
精神科医     1名
看護師      1名
施設長
花田 悦子

沿革

大正12年
神戸市に身障者のための職業再教育訓練所を開く。翌年、兵庫県知事より認可を受ける。
昭和13年
社会事業法施工により許可を受ける。
福岡県遠賀郡岡垣町に移転する。    土地 7,000坪
                   建物   183坪
昭和18年
日本傷痍者更生会の本部を福岡に置き、神戸を支部とする。
神戸市に従軍遺家族のための授産場を開く。
昭和20年
 報恩母の家を開設。
昭和23年
報恩母の家認可。
昭和35年
報恩母の家焼失。
社会福祉法人「日本傷痍者更生会」として許可を受ける。
昭和37年
 報恩母の家新築落成。
昭和42年
身体障がい者授産施設「希望舎」開設する。
昭和46年
特別養護老人ホーム「恵の家」を開設する。
昭和47年
2月4日 創設者である花田更生氏死去。
4月1日 母の家の施設長として花田偲就任。
平成16年
児童養護施設「報恩母の家」全面改築。
平成20年
総合福祉施設「ふれ愛の郷」開設。
平成22年
身体障がい者授産施設「希望舎」
平成26年
6月1日 母の家の施設長として花田悦子就任。
TOPへ戻る